So-net無料ブログ作成

2017年5月20日(土) [番外編]

番外編です。

先日有明のビックサイトで開催された
『教育EXPO」という教育関係企業の展示会に行きました。

同時開催で幾つかの講演会が実施されました。
その中の1つ、文科省大臣補佐官で
東京大学、慶應義塾大学の教授の
鈴木寛さんの高大接続
(2020年度からの教育改革)に関する
講演を聞きました。

一番印象深かったのは
「『VUCA(ブーカ)』の時代に来た。」
という話でした。

『VUCA』とは、
V…Volatility  変動性
U…Uncertainty 不確実性
C…Complexity 複雑性
A…Ambiguity 曖昧性
という意味から来ているそうですが。
つまり、不確実な想定外な出来事が起こる時代
だと言われているそうです。

確かに、IS(イスラム国、イスラミックステート)の
台頭によるシリア情勢、テロ事件等、
国際情勢は混迷しております。
地震や台風などの災害もいつ起こるかわかりません。
また、科学技術(AI・ロボット・再生医療・IOE等)
の進歩による産業革命に匹敵する『革命』も起こるうる
可能性があります。

「日本としては、
今後、この様の状況が起こっても、
問題解決できる人間を
育てなければいけない。
だから、教育を大学から改革をする。」
というお話でした。

どのような改革を実施されても、
従来通り、現状と国の教育の
調整係は、塾にあるかと
思います。

今年の6月には実施方針がはっきり
するようですので、分かり次第お伝えします。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0