So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年6月8日(木) [番外編]

番外編です。

『子供を伸ばす勇気づけセミナー(STEPステップ)』
をスタッフ研修の一環で行うので、
ハンドブックを読み直しております。

STEPとは、一言で言えば、
親と子供のコミュニケーションの
取り方学習のようなものです。

親子に限らず、
人間関係にとても役立ちます。

ハンドブックの中で
印象に残った文言がありましたので、
お伝えしたいと思います。

「過保護、つまり子供を甘やかしすぎることは
その親が子供を尊重していないことになります。
子供の成長を妨げ、自分では何も出来ないという
考えを抱かせるからです。」

「その結果として、『自信を失い、自分はまだ未熟だし、
無能だから誰かに面倒を見てもらわないと
いけない』と考えるようになる。」
という所です。

過保護の具体例が10個載っていました。
その中に、「まるで時間がわからない
子供のように、約束の時間に遅れないよう、
度々時間を気にかけてやる。」
という例がありました。

普段、授業が変則な場合、
次回来る日時確認を徹底してますが、
我々が伝えなくても、
多くの生徒さんは、時間割を把握
しているようです。

把握していないと、後で困る事を
気づいているようです。

生徒さんが自分で考えて行動できるよう、
STEPで生徒さんへの接し方を
もっと学習したいです。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。