So-net無料ブログ作成

2017年5月29日(月) [中3Aクラス英語]

中3Aクラス英語です。

定期試験が近い生徒さんが数人おり、
中学校の提出課題がいくつか出されています。

中学校の提出物は期日を守って提出することが
第一優先である話をしました。

中学校の試験の点数が良くても、
提出がなされていなければ、
成績に響きます。

学校の成績(内申)が2になると、
都立はもちろん、
私立でも推薦で入れる高校が
限られてきます。

生徒さん本人が納得いくような、
成績を確保し、高校に合格できるよう、
指導を行います。

2017年5月26日(金) [中2英語]

中2英語です。

問題演習が速く終わった生徒さん達に、
学校教科書本文の重要表現を
問題演習をさせたところ、
一生懸命やっていました。

途中、生徒さんが分からない表現が
多く出来てきましたが、
「どうして、この表現なの?」と
聞いて来ました。

「わからない」とあきらめる生徒さんが
多いのですが、彼女たちのように、
「答えが出来なくても、
何とか出来るようにしたい!」という
姿勢が生徒さんの今後プラスになることを
伝えていきたいです(^^)/

2017年5月25日(木) [番外編]

番外編です。

いぶきに自習しに来た生徒さんがいらっしゃいました。

普段、自習スペースという
約4名腰掛ける事ができるスペースがありますが、
教室が空いていれば、
教室を使用することができます。

ご家庭ですと、
時間がありすぎて、ダラダラしたり、
誘惑に負ける事があると思いますが、

いぶきは午後2:00~10:00迄
オープン時間が定まっているので、
「食事を取る7:30迄自習しよう」等
時間を決めやすく、効率よく学習できます。

「何から勉強したらいいかわからない。」
「学習方法がわからない。」等の相談も
講師が空いていれば、のりますので、
お気軽に利用して下さい[わーい(嬉しい顔)]

2017年5月24日(水) [中3Sクラス英語]

中3Sクラス英語です。

いぶきは、1年間で学習すべき内容を
消化できるようカリキュラムを組んでいますが、
定期試験が近い中学校さんがありますので、
定期試験の範囲を考慮し、
授業を行いました。

カリキュラムは、
学校の予習になるように設定し、
試験前近くの授業は、
余裕を持たせて、試験範囲のことを
取り上げております。

数週間後で、定期試験が始まる
中学校も数校あるせいか、
クラス全員、真剣に取り組んでいました。

生徒さんの意見を取り入れながら、
少しでも、試験勉強の負担が
軽くなるよう、指導をします(*^^*)


2017年5月23日(火) [小6国語]

小6国語です。

『物語』を読みました。

お父さんの書斎に無断で入り、
本棚の図鑑を見ていた女の子が、
その図鑑を重しにして、
押し花を作ることを思いつく話でした。

押し花は上手に出来たのですが、
図鑑に真紅のシミが付いてしまいました。

シミが付いた時、「眼の前が真っ暗になる」と
いう表現があり、生徒さんに
「そのような体験があるか?」聞きました。
ある生徒さんは、学校での
体験談をたくさん話して頂きました。

テキスト内だけではなく、
周りの生徒さんの体験を聴いて、
疑似体験を繰り返すことが
今後の生活にも役立つと思いました。

2017年5月22日(月) [小学生英語]

小学生英語です。

生徒さんは、一人一人違う進度で授業を行っているので、
各自、宿題チェックと今日の学習内容を確認してから、
授業開始します。

よって、講師から指示が出る迄、
どのように準備して待つべきかの
話をしました。

また、全員順調に進んでいるか、
私の方でチェックをするのですが、
指示した内容が終わってしまっても、
次に何を学習するか、
考えるように伝えました。

そのためか、静かに集中して学習し、
授業の終わりも早かったようです。
「まだ練習したかった。」と
言っていた生徒さんもいました。

NHKのとあるコント番組に出ていた、
「平成の指示待ち妖怪」に生徒さんが
ならないよう、授業中、指示がなくても、
何をするべきか考える事ができるよう、
根気よく指導したいと思います。

2017年5月20日(土) [番外編]

番外編です。

先日有明のビックサイトで開催された
『教育EXPO」という教育関係企業の展示会に行きました。

同時開催で幾つかの講演会が実施されました。
その中の1つ、文科省大臣補佐官で
東京大学、慶應義塾大学の教授の
鈴木寛さんの高大接続
(2020年度からの教育改革)に関する
講演を聞きました。

一番印象深かったのは
「『VUCA(ブーカ)』の時代に来た。」
という話でした。

『VUCA』とは、
V…Volatility  変動性
U…Uncertainty 不確実性
C…Complexity 複雑性
A…Ambiguity 曖昧性
という意味から来ているそうですが。
つまり、不確実な想定外な出来事が起こる時代
だと言われているそうです。

確かに、IS(イスラム国、イスラミックステート)の
台頭によるシリア情勢、テロ事件等、
国際情勢は混迷しております。
地震や台風などの災害もいつ起こるかわかりません。
また、科学技術(AI・ロボット・再生医療・IOE等)
の進歩による産業革命に匹敵する『革命』も起こるうる
可能性があります。

「日本としては、
今後、この様の状況が起こっても、
問題解決できる人間を
育てなければいけない。
だから、教育を大学から改革をする。」
というお話でした。

どのような改革を実施されても、
従来通り、現状と国の教育の
調整係は、塾にあるかと
思います。

今年の6月には実施方針がはっきり
するようですので、分かり次第お伝えします。

2017年5月19日(金) [中2英語]

中2英語です。

教科書の本文を学習しました。

『チャリティーウォーク』の話でした。
馴染みが無い生徒さんがいたので、
「『チャリティーマラソン』は聴いたことがあるか?」
聞くとマラソンの方は知っていたようでした。

内容確認後、
生徒さんに「もし、チャリティーをやるなら、
何やりたい?」と聞くと、

「クッキーを作って、売りたい。」
「クレープは作り方が簡単だから、
クレープでやりたい。」という
意見が出ました。

生徒さんのアイデアは、とても斬新です。

チャリティーを実施するのは難しいですが、
授業の方は、生徒さんと一緒に作りたいです(*´∀`)

2017年5月18日(木) [番外編]

番外編です。

今後の大学入試についてです。

大学入試センター試験から
2020年度から大学入学共通テスト(仮称)
になります。

今の中3生以下が対象です。

変更内容は、

英語:民間試験テストを活用する。
国語と数学:マークシート式から、
      記述式を導入する
国語は80~120字程度、3問ほど
数学は数式や考え方を問う物、3問ほど
出題されます。

理社も記述式の導入を
検討しているそうです。

今後も動向を見張ります。

2017年5月17日(水) [中3Sクラス英語]

中3Sクラス英語です。

学校や周りの方に「ノートがきれい」と
褒められる生徒さんがいると思います。
「真面目な良い子さん」『問題がない子」等と
いう差し障りのない印象を持たれるかと
推測できます。

しかし、生徒さんを観察していて
気付くことは、
授業中、ノートに速く書いて、
講師側の説明を待っている生徒さんの方が
学力が上がっています。

ノートにきれいに書いているけど、
書き終わるのが遅い生徒さんは、
「授業で習ったことを身につける」より、
「ノートにきれいに書く」ことが
目的になっている可能性があります。

このような生徒さんを
見つけた時は、今後のことを考えて、
徹底して指導します。

「頭がいい、悪い」ではなく、
「授業の受け方」で変わると、
生徒さんを観て感じます。