So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年6月8日(木) [番外編]

番外編です。

『子供を伸ばす勇気づけセミナー(STEPステップ)』
をスタッフ研修の一環で行うので、
ハンドブックを読み直しております。

STEPとは、一言で言えば、
親と子供のコミュニケーションの
取り方学習のようなものです。

親子に限らず、
人間関係にとても役立ちます。

ハンドブックの中で
印象に残った文言がありましたので、
お伝えしたいと思います。

「過保護、つまり子供を甘やかしすぎることは
その親が子供を尊重していないことになります。
子供の成長を妨げ、自分では何も出来ないという
考えを抱かせるからです。」

「その結果として、『自信を失い、自分はまだ未熟だし、
無能だから誰かに面倒を見てもらわないと
いけない』と考えるようになる。」
という所です。

過保護の具体例が10個載っていました。
その中に、「まるで時間がわからない
子供のように、約束の時間に遅れないよう、
度々時間を気にかけてやる。」
という例がありました。

普段、授業が変則な場合、
次回来る日時確認を徹底してますが、
我々が伝えなくても、
多くの生徒さんは、時間割を把握
しているようです。

把握していないと、後で困る事を
気づいているようです。

生徒さんが自分で考えて行動できるよう、
STEPで生徒さんへの接し方を
もっと学習したいです。

2017年6月7日(水) [中2英試対]

中2英語試験対策です。

中学校英語の教科書1~2課の範囲です。
過去形と未来形という単元ですので、
例年混乱する生徒さんがでる所です。

今日のメンバーは、3月頃から、
何度も練習してきたこともあり、
スムーズに終わりました。

また、教科書表現を覚えるのも、
以前は大変だったのですが、
彼ら自身で覚えるコツを
つかんでいるのか、
嫌がらずに覚えました。

覚える度、
「自信がついた~」と
声を上げる生徒さんがいました。

その生徒さんが少し速く終わり、
「社会がわからない。」と
いう話が出てきました。

プリントを見せてもらい、
「このプリントだったら、
順番で用語を覚えるより、
表を作った方が頭に入る。」
とアドバイスをしました。

「勉強に対するやる気は出ない」そうですが、
今回の試験のことは、「気にしている」とのこと。

『この方法なら、試験勉強が出来そう。』と
言える物を前回試験より、一つでも
多く見つけることが重要だと思います。

2017年6月6日(火) [小6国語]

小6国語です。

数名の生徒さんが、
「文章が読めない。」

「『答えがこうかな~』と
思って書くと違うことがある。」

と話していました。

「国語の授業を受けて、
上手くいかないことを
見つけたことは
良い進歩になっているよ。」

「実際やってみないと
うまくいかないことを
発見できないでしょ。」
と伝えました。

いぶきで失敗したり、間違えて、
学校では出来る部分が
増えるようになると
いいですね。

2017年6月5日(月) [小学生英語]

小学生英語です。

音と文字を確認して、
ひたすら練習しています。

いつもではありませんが、
英単語のつづりを
予想し、予想通りに
書く事が出来ると
嬉しそうです。

英語が出来るに越した事は
無いですが、
何よりも楽しい英語の授業を
心掛けたいです。