So-net無料ブログ作成
2018年03月| 2018年04月 |- ブログトップ
前の10件 | -

2018年4月20日(金) [中1英語]

中1英語です。

中1生は授業があまり進んでいないので、
最初は困らないと思います。

しかし、点数が下がって、
いぶきに入塾する生徒さんは、
多くの場合、授業中、
話を聞くことが困難なようです。

徐々にですが、
学校でいぶきで学習した内容が出てきて、
わかるようになると、こちらの方を見て、
少しずつ話を聞けるようになる傾向を
よく見られます。

よって、いぶき生に対しては、
徹底して、話を聞けるように、
一人一人チェックし、アプローチします。

頭がいいから、悪いからではなく、
話を聞けるようになることが
点数が上がる秘訣の一つかと
生徒さんたちを見ていると
思います。

コメント(0) 

2018年4月19日(木) [個別指導]

個別指導です。

今週4名の生徒さんを個別で指導しました。

講師1名につき、生徒さん2名で指導する形態です。

当塾の個別指導教室は、仕切りがなく、
講師が真ん中に座り、横並びなので、
他の生徒さんが何を学習しているか聞こえます。

今回、高校生の生徒さん達(元グループ生)は、
私が他の生徒さんとの会話を聞いて、
笑ったり、「何を学習しているの?」と
質問したり、場が和みました。

授業進行の妨げになって、
けじめがなくなる場合は注意しますが、
学年や来塾目的が違う生徒の存在を知ることは、
人への気遣いや自己発見に繋がると思います。

コメント(0) 

2018年4月18日(水) [中3Sクラス英語]

中3Sクラス英語です。

生徒さんに問題を出し、
答えを私の方でチェックした時、
惜しい時は「99,5点」と伝えます。
生徒さんは「えーどこだろう?」と考えます。

そのような中、一発で出来て「100点」と
言われた生徒さんが「やった!」と喜んでいました。

私も生徒さんが答えられて、
当然嬉しいのですが、◯や✕に終始せず、
『なぜ、出来たのか?』を理由を考えさせ、
99,5点だった生徒さんも
『どうして、ミスしたのか?』を
原因は、全員で確認します。

答えが「出来た」「出来ない」で
判断していると、生徒さんは
『正しい答え作り』に精を出すように
なります。

『真の意味で出来る子』を目指し、
授業運営を行います。

コメント(0) 

2018年4月17日(火) [中2英語]

中2英語です。

天気の表現を練習しました。

日本や外国の天気を聞いて、
答える練習をしました。

皆さん一生懸命考えながら、
ペアの相手に質問したり、
応答したりしていました。

学校は徐々に授業を
始まっているようですので、
わからなくなって、後手にならないよう、
今の時期、準備を念入りにします。
コメント(0) 

2018年4月16日(月) [小学生英語]

小学生英語です。

発音の仕方の話をよくします。

日本人の発音は、
海外の人はかなり聞き取りづらいようです。
注意点を確認し、発声練習します。

英語が苦手な生徒さんは、
文字を見て、発音が出来ない傾向が
あります。

「音」の指導は、学習に欠かせないものなので、
今後も行います。

コメント(0) 

2018年4月14日(土) [中3社会]

中3社会です。

大正時代を学習しております。

社会の勉強法についてですが、

学校などで、真面目に話を聞いて、
ノートやプリントに板書内容や
先生の話のメモを書いておく。

実際、問題演習のような
アウトプットの段階になると
わからない所は、
ノートや解説を見ながら解く。

出来なかった所を覚える。

この方法で、
点数はある程度取れるようになりますが、
定期試験のような試験範囲がわからない、
模擬試験や入試で忘れる確率は高いです。

忘れないためには、
「大正時代がどういう時代だったのか?」、
「どうして、日本でデモクラシー(民主主義的思想)が
生まれたのか?」など、意味や理由など、考えることは
忘れづらい方法の一つです。

いぶきでは、新しい知識は教えますが、
何でも教えずに、大事なポイントは
「どうして?」と考えるよう、指導をします。

東日本大震災のような災害や
ロボットや人工知能等が発達した社会のような中では、
与えられたマニュアル通り、
覚えても、対応できません。

普段から、自ら考え行動する力を養うことが
今後の社会に適応できる人物に育つのでは
ないかと思います。

コメント(0) 

2018年4月13日(金) [中1英語]

中1英語です。

中学生になって、間もないので、
とても初々しく授業を受けています。

ノートの書き方や話の聞き方、
家庭での宿題の仕方など、
まだまだ慣れていない事ばかりですが、
少し書き方がよくなって、褒めると、
大変嬉しそうな表情をします[わーい(嬉しい顔)]

中学校で、今の頑張りが、
発揮できるよう応援し続けます。
コメント(0) 

2018年4月12日(木) [番外編]

番外編です。

いつもお世話になっている塾長先生方からお誘いを受けて、
『日本での公教育(学校等)と私教育(塾等)』に関する会に
参加しました。

この会では、香港大学教授で国連のユネスコにある研究所元所長の方と
研究グループの方々から、海外の塾事情を伺いました。
(モーリシャスという国は塾の歴史は1000年だそうです!)

『今後、公教育と私教育を連携すべきか?塾はどう有るべきか?』
という質問を提示されましたが、時間の関係もあり、
あまり話を深める事が出来ませんでした。

今後の『日本の教育』という観点から考えれば、
公教育と関係づくりを構築することで、
良い教育を提供し、幸せな社会を創る
可能性はあるでしょう。

しかし、これからの時代、塾の個性のみならず、
もっと個人の個性を重視する時代が加速していくと思うので、
自然界と同じで、塾も多様性があっても良いのではないかと
思いました。

塾も「進化」しないといけない時代に
入っていることを実感し、刺激になりました。

コメント(0) 

2018年4月11日(水) [中3Sクラス英語]

中3Sクラス英語です。

学力テスト後のクラス分けをして、
初めてこのクラスで授業を行いました。
都立小山台レベル(偏差値65、内申オール4以上)
を目指すクラスです。

Aクラスより、人数が少なく、
中2の時より、真剣に授業を受けていました。

2つ確認事として、
①宿題は毎回やること
「テキスト忘れた」は「宿題をやっていない」とみなす
②1ヶ月後には、クラス分けをすること
を伝えました。

良いモチベーションを保てるように、
今後も指導をします。

コメント(0) 

2018年4月10日(火) [中2英語]

中2英語です。

教科書本文を学習しました。
中1時の文章より、当然長いです。

生徒さんの中には、
話を聞いて、指示通り動いている、
一見真面目に見えるようですが、
ダラダラしている生徒さん数名を
見掛けました。

学校では、
静かに授業を受けているように見えるので、
あまり注意は受けない可能性があります。

その生徒さん達は、
部活や体調面に問題がある事が
原因の一つに考えられますが、
「授業中、何か一つでも身に付け、
出来るようにしよう。」と
いう前向きな謙虚な姿勢が感じられません。

「面倒くさい」「疲れた」「眠い」等、
勉強している時、誰でも考えると思います。

しかし、わざわざ時間を割いて、
いぶきにやって来て、授業を受けている事に
どんなに重みがあることか、考えられるよう、
今後も伝えます。

コメント(0) 
前の10件 | -
2018年03月|2018年04月 |- ブログトップ