So-net無料ブログ作成
行事&番外編 ブログトップ

2016年10月29日(土) [行事&番外編]

行事&番外編です。

英検1次の結果がわかり、
「合格した~」と報告してくる生徒さんが数人います。

3級以上は、2次試験(スピーキング)で合格を目指して、
対策をします。

生徒さん達は何とか答えようと
頑張って話していました。

本番でベストな状態で挑めるよう
2~3回練習を行います。

2016年7月16日(土) [行事&番外編]

中1と中2のグループ生、
個別生対象に個人面談を行っております。

公立の中学生さんですが、
「定期試験前に膨大な範囲の
学校の提出物に追われていた。」
というご意見が多かったです。

いぶきは幅広い学力の生徒さん達が
通塾してますが、
学校の成績が5を確保している
生徒さんは、学校の提出物を解きながら、
理解が出来るようです。

しかし、多くの生徒さんが
膨大な範囲のワーク類を終わらせて提出することが
試験勉強したような気分になって終わっているようです。

当然、学校のワークを、
提出しないと成績は2や1が付きます。
期日迄に提出する事は必要です。

しかし、ワーク類を使って、
知識を身につけられない場合は、
早めに終わらせ、大事な部分を
選び、出題されても大丈夫なように
練習することが成績を上げるコツです。

また、試験に出そうな大事な部分は、
アドバイスをします。

生徒さんごとに合わせて、
効率よく学習ができるよう、
今後も定期的な面談は行って、様子を伺い、
試験勉強の仕方の指導に結びつけます。

2012年9月15日(土) [行事&番外編]

9月9日(日)に、私立中高相談会が新宿のNSビルで行われました。

鈴木学院長がお手伝いに行ってきました。


千代田女学園の長尾先生が

鈴木学院長を追いかけて来て、

「私に渡してください。」と

ご丁寧に持ってきていただきました

ワンちゃんタオルです。

ありがとうございます!

P1000247.jpg

全3色もいただき、

私自身、動物が好きなので、とても嬉しいです。


以前のタオルも素敵でしたね。

2010年10月2日の記事も、合わせてご覧下さい。


2012年7月8日(日) [行事&番外編]

今日の高校受験説明会とガイダンスにお越しいただき、ありがとうございます。

いぶき学院の保護者様と生徒さんの出席率100%でした。

小さな塾ですが、外部の方や問い合わせの方もいらっしゃり、

大変感謝しております。

中3の生徒さんは、初めての受験の生徒さんが多いと思います。

「今年の夏は、今までの夏より、たくさん勉強した。」と胸を張れるよう、

私たちも精一杯授業を行います。

2012年7月5日(木) [行事&番外編]

中1・2の集団生と個別生対象の個人面談期間が始まりました。

保護者の方から、学校、家庭、塾での様子を伺うことで、

私たち講師側も改めて、対応を変えられます。

お会いでき、色々お話が聞けて有難かったです。


さて、昨日の“私事”の続きですが

塾に通い、段々学校の授業がわかるようになり、

授業中、手を挙げ、発表し、担任の先生に褒められたり、

友人に勉強の質問をされても、喜んで教えたり、

休憩時間中でも、勉強をしていたい位、

以前の勉強が退屈な学校生活とは変わりました。


ここで、私が伝えたいことは、

『塾は、学校の通学だけでは、気づくことが出来ない、

自分の中の狭い世界を広げる役目や新しい自分を

発見できる場所である』

ということです。


塾へ行くことは、学校の点数・順位・成績を変えること以外に

今までの自分の考え方を変え(例 勉強=「退屈なもの」から「楽しいもの」へ)、

潜在的な力を引き出す(例 授業に対して「無関心」から「興味をもつ」力へ)

チャンスのひとつだと思います。


これらのことは勉強面だけで見ると、些細なことかもしれませんが、

生徒さんが今後、将来色々な出来事に対する、物事への見方に

繋がる重要な要素になるでしょう。


新聞の折り込みチラシに、いぶき学院の指導目的は、

志望校合格を目標とした「人間的成長です」

と記載しております。

志望校合格を目的とした塾ではありません。

生徒さんの将来を考えた「人間的成長」を

促す教育を今後も行います。
行事&番外編 ブログトップ