So-net無料ブログ作成
検索選択
中1英語 ブログトップ
前の10件 | -

2017年9月14日(木) [中1英語]

中1英語です。

今週実施されていた定期試験の結果が
返却されたようで、
生徒間で点数を話したり、
試験問題の内容について話していました。

結果が返された後は、
生徒さん自身、「次は頑張ろう」
というモチベーションは高いです。

こちらから、色々指示しなくても、
一生懸命、授業を受けています。

次回は11月。「今までの自分とは違う」という
思いを持ち続けられるよう、
応援します。

コメント(0) 

2017年9月12日(火) [中1英語]

中1英語です。

『三単現のS』という単元を学習しています。

疑問文を作る練習をした時、
普通、文の前にDoesを付け、
動詞のSを取るというパターンが
多いのですが、問題の中で
同じパターンでは出来ない問題が
2問ありました。

違う問題パターンになっていることに
気付く生徒さんと気付かない生徒さんで
分かれました。

気付く生徒さんは、問題を解く前にする
説明をよく聞いて、
テキストに下線を引き、根拠を確認しながら、
考えて答えています。

気付かない生徒さんは、
説明を聞いていないので、
間違えます。問題もただ
解くだけになっているようです。

学校でも、同じことが起こっていれば、
学習が出来るようにならないのは、
当然です。

頭がいい、悪いではなく、
授業を受ける姿勢が全てだと思います。

授業の受け方が良くなければ、
今後も注意をして、学校でも
授業を聞けるようになるよう、
指導を行います。

コメント(0) 

2017年7月18日(火) [中1英語]

中1英語です。

昨日、学力テストがありましたが、
皆さん元気に来ました。

『彼は・彼女は(be動詞)』という単元でした。

be動詞はとても大事な
基本的な内容だと思うので、
be動詞に関することは、
わかっている可能性があっても
毎回しつこく確認します。

上の学年の生徒さん(高校生も含みます)と
接していても、be動詞のことが
わかっていないケースはあります。

中1の余裕がある時期に、
確認しておくと、上の学年に上がっても
新出単元がスムーズに済みます。

今の単元だけ教えるのではなく、
先を見据えて指導を今後も
行います。

2017年7月18日(火) [中1英語]

中1英語です。

昨日、学力テストがありましたが、
皆さん元気に来ました。

『彼は・彼女は(be動詞)』という単元でした。

be動詞はとても大事な
基本的な内容だと思うので、
be動詞に関することは、
わかっている可能性があっても
毎回しつこく確認します。

上の学年の生徒さん(高校生も含みます)と
接していても、be動詞のことが
わかっていないケースはあります。

中1の余裕がある時期に、
確認しておくと、上の学年に上がっても
新出単元がスムーズに済みます。

今の単元だけ教えるのではなく、
先を見据えて指導を今後も
行います。

2017年7月4日(火) [中1英語]

中1英語です。

be動詞の単元に入りました。
以前やっている内容ですが、
かなり忘れている生徒さんが多くいました。

どうしても、出来ない生徒さんの共通点として、
生徒さんの頭のなかで、日本語と英語が
一致していない点がありました。

よって、日本語と英語が対応するよう
印を付けさせたました。

出来なかった生徒さんの1人が、
「わかってきた!」と発言しました。

中1は試験の問題が簡単ということもあり、
生徒さんのレベル差が
今はあまりないのですが、
夏休み以降は、学習をしていないと
力が発揮できなくなる可能性があります。

be動詞は軽視されやすい内容ですが、
英語学習では大切な所なので、
今後も重点的に指導したいです。




2017年6月13日(火) [中1英語]

中1英語です。

教科書本文の重要な文を確認しました。
生徒さんに何度も言わせたり、
書かせたりしたので、
かなり体力を使ったようでした。

10年位前ですが、
三者面談の時、生徒さんの定期試験の点数が
前回とあまり変わらない生徒さんがいらっしゃり、
保護者の方が、生徒さんに向かって
「あなたが覚えないから、出来ないのよ。」と
話されたこと思い出します。

今の世代と保護者の方々との世代は、
全く違います。

今の世代の生徒さんは、
「覚えようとしても、覚えられない」のです。

理由がなく、丸暗記が出来る生徒さんは
いることは確かですが、大部分の生徒さんは
学年が上がるにつれて、学習量が増えて、
覚えられない、限界の時期が訪れます。

話が戻りますが、中1の英語は
丸暗記で何とか乗り越えてしまう時期です。

しかし、例えば、
一から十まで覚えていなくても、
理由を考えていれば、
一から十までを一気に
簡単に頭に入る感覚を身に付くよう、
しつこく指導します。







































































2017年6月9日(金) [中1英語]

中1英語です。

定期試験が終わった生徒さんから、
試験問題を見せてもらいました。

まだ定期試験を受けていない、
他の生徒さん達に見せました。

彼らは興味津々にまじまじと
見ていました。

小学生と中学生の違いが
少しでも実感したようでした。

数人の生徒さんが定期試験を
控えていますので、試験対策はもちろん、
試験前の勉強や試験の受け方の話をします。

2017年5月16日(火) [中1英語]

中1英語です。

取引先の塾教材会社の方々から、
『ネクスト・アクティブ・スタディ』という
4技能(読解、聞き取り、会話力、書き取り)を
学習するテキストを使用した
授業の進め方を説明して頂きました。

お話で伺った授業の進め方で
中1生と実践しました。

特に、ペアになり、
競わせるアクティビティは、
一生懸命頑張っていました。

学校ほど人数がいませんので
(1クラス10名前後、
中3国語は約20名のクラス有り)
一方的な説明の授業ではなく、
全員が参加できて、
為になる授業を心掛けております。

2017年5月9日(火) [中1英語]

中1英語です。

英単語の曜日を話した時、
ある生徒さんが、「曜日が覚えられなかったんだけど、
お母さんから教わった。」と話して頂きました。

覚え方をホワイトボードに書き、
写真に撮りました。

youbi.jpg

皆さん、「お母さん、すごーい!」と大絶賛でした!
生徒さん達、必死にノートにメモっていました。

保護者様の中には、
教え方がとても上手な方がいらっしゃると思います。
ぜひ生徒さんを通じて、教えて下さい。

追記
保護者様に、ブログ掲載の快諾を頂きました。
とてもお恥ずかしそうでしたが、
ご協力して頂き、有難うございます。

2017年4月18日(火) [中1英語]

中1英語です。

さて、中1英語です。

『一般動詞』の単語例をいくつか挙げ、
「一般動詞ってどういうものかな?」
と聞くと、生徒さんは色々意見を言います。

生徒さんには、彼らにしか持っていない
優れた能力があります。

講師側がポイントを明確にして、
生徒さんに考えさせる機会を提供することで、
生徒さん達で、素晴らしい授業を作ります。

生徒さんが学校でも
見事な力を新たに
発揮できるよう、見届けます。
前の10件 | - 中1英語 ブログトップ