So-net無料ブログ作成
検索選択
中3社試対 ブログトップ
前の10件 | -

2016年11月21日(月) [中3社試対]

中3社会試験対策、一部の学校です。

試験範囲が
政治少々と経済ほぼ全般でした。

多くの中学校で、ワークを渡され、
「全部覚えれば出来るよ。」という
指示が出されるようですが、

当塾生の様子では、
内申5が取れる上位層は
それで十分ですが、
内申4位の中位層~下位層は、
全部覚えることは厳しいです。

よって、試験対策授業では、
全部取り上げるのではなく、
やらないといけない必要箇所を選び、
用語の意味や事柄の理由を確認します。

特に、都立入試で出題されている内容は
定期試験では出ることが多々あるので、
しつこく強調します。

生徒さんが試験勉強しやすくなる事を考え、
試験対策を行っています。

2016年10月6日(木) [中3社試対]

中3社会試験対策です。

今日は1校だけの試験対策でした。

中学校によって、学習内容のポイントが違います。

生徒さんにしつこい位学習した所か
確認しながら、授業を行い、絶対出そうな所は、
解説後、問題演習をします。

学校のワークやノート類を
一から覚えるという事が出来る生徒さんは、
試験対策する必要はないと思いますが、

多くの生徒さんは一から覚えようとして、
覚えられずに、あきらめてしまう事があるようです。

よって、用語の羅列ではなく、用語の意味や
繋がりを意識しながら、大事な所だけ絞って
授業を行うよう、心掛けております。

2016年6月21日(火) [中3社試対]

中3社会試験対策(一部の学校)です。

生徒さん達が持参した学校のノートを見ると、
他校と比べ、細かい内容が書かれていました。

社会では、用語を覚えることが大事ですが、
意味がわからず、用語を覚えることは危険です。

学校で学んだ時のことを思い出したり、
繋がりや流れを意識することで、
かなり効率よく勉強が出来ますので、
今後もこれらの点は伝えようと思いました。

2016年6月15日(水) [中3社試対]

中3社会試験対策です。

今年度になって、社会の試験範囲が広くなり、
以前より、ペースが早くなってきているようです。

「歴史」が出題されるケースがほぼ100%で、
終戦あたり迄進んでいる学校がほとんどです。

夏休み明けには「公民」に入ると思われます。

ある生徒さんが学校のノートを見せに来ました。
内容見ると、ノートの半分位の枚数でした。

全部覚えようとしても、
覚えきれませんので、
大事そうな所をノートにふせんを貼ったり、
ノートをプリントして、マーカーで塗り、
説明しました。

毎回の授業の大切に積み上げて、
作成した、世界に一つしかない
自分だけのノートを最大限利用して、
定期試験を迎えられるといいですね。

2015年10月6日(火) [中3社試対]

中3社会試験対策です。(一部の学校)

試験範囲は他の学校より、
少ない方ですが、
江戸後期・明治と中身が濃い所でした。

授業中、説明していると、
うなづいて、一生懸命話を聞いて、
何とか成績を上げようという
生徒さん達の気持ちが伝わりました。

今回と次回の試験で、
志望校が決定してしまいますが、
まずは、あと2ヶ月、
悔いの無いよう指導します。

2015年6月21日(日) [中3社試対]

日曜日ですが、中3社会試験対策です。
定期試験が近い学校数が多いので、実施しております。

2中学校の授業で、
両方ともバラバラの試験範囲でした。

1中学校ごとに
説明→問題演習という繰り返しでしたが、
生徒さんは、音を上げず、取り組んでいました。

授業終了後、一部の生徒さん達は、
食事を挟み、計算練習をしていました。

今まで皆さんが受けてきた定期試験の中で、
一番多く学習したと言える位、
試験勉強が出来ました[ぴかぴか(新しい)]

2015年6月16日(火) [中3社試対]

中3社会試験対策です。

今日から、試験対策授業第2陣が開始しました。

2中学校の生徒さんでした。

社会は、学校の先生によって、
教える内容にばらつきがかなりあります。

教える内容はもちろん、
授業で使用する教材もいくつかのパターンを考えて、
授業に入ります。

学校ごとにノートやプリント類を
一緒に生徒さんと見ながら、
問題演習しました。

通常授業より、
生徒さんとのやりとりが多かったのですが、
生徒さんは、嫌がること無く、応答して頂きました。

そのため、範囲が広かったのですが、
何とかメドをつけることが出来ました。

部活の試合が近く、忙しいようですが、
よく頑張りましたね。

2015年6月10日(水) [中3社試対]

中3社会試験対策です。

中学校の試験範囲を見た上で、
問題を作成しました。

私のブログにも何度か記載しておりますが、
最近の社会の試験は、
知識重視では、なくなりつつあります。

都立高校の試験は、資料を元に、
文章を書かせる記述問題は、
既に出題されており、

2020年度に実施を予定されている
文部科学省の大学入試改革も、
暗記力を見るより、思考力・判断力・表現力を
重視する試験になるようですので、
中学校の定期試験でこのような力を試す試験が
多く見られるのも自然な流れです。

今日のメンバーは、通常授業より、
真剣に学習していました。

どんな問題が出題されても、
あきらめずに、考え抜いて欲しいです。




2015年5月23日(土) [中3社試対]

中3社会試験対策です。

ノートまとめをして、
一生懸命勉強している生徒さんがいらっしゃいました。

基本的な内容は大丈夫そうだったのですが、
少し発展的な内容を質問してみました。

「ノートに書いたんだけどな~」
と言って、思い出そうとしていました。

社会が得意な生徒さんですが、
授業で質問して良かったです。

別件ですが、今週中、ある生徒さんが
漢検を勉強しており、
「先生、勉強の仕方がわからない。」
という質問が出ました。

その生徒さんのノートを見せてもらいましたが、
ノートは漢字練習と意味・読み(インプット)と
テスト(アウトプット)欄ができていて
とても良いノートでした。

やはり、漢字練習だけしても、
覚えれないとのことで、
工夫したそうでした。

二人共、自力で頑張っている生徒さんですが、
「本当に理解出来ているのか?」
「自分のやり方でいいのか?」
等、わからなくなった時に、
確認が出来ました。

これからも、自分に合った勉強法を模索
し、いぶきをうまく利用出来るといいですね。

2014年11月19日(水) [中3社試対]

中3社会試験対策です。(一部の学校)

公民の教科の中の
政治分野がほぼ全般出題されるそうです。

全範囲を何とかまとめようと授業を行いましたが、
5分位延長してしまいました。

公民の用語が少しでも、
身近なものに感じて、
定期試験の点数に繋がるよう
指導したいです。


前の10件 | - 中3社試対 ブログトップ