So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年10月18日(木) [番外編]

読書の秋ですね。

朝日小学生新聞の読書週間特集号を読みました。
児童文学作家の加古里子(かこさとし)さんの話が
載っていました。

加古さんは『だるまちゃんとてんぐちゃん』のような
だるまちゃんシリーズや『からすのパンやさん』等
多くの代表作を出されています。

残念ながら、今年5月2日、92歳で
お亡くなりになりました。

加古さんは、中学生の頃、
戦争中で軍人になろうとしていたそうですが、
戦争が終わった後、その判断が間違っていたことに気付き、

「もっと世の中のことを勉強しないといけない。
自分を含めて、大人はだめで、頼りになるのは子供たちだ。
これからの子供たちには、過ちのない社会を作ってほしい。」
と考えたという記事が一部載っていました。

読み終わった後、
じーんと感動しました。

職業は違いますが、
「過ちのない社会」を作れるよう、
授業を通して、生徒さんと触れ合いたいです。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。