So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
中3社会 ブログトップ
前の10件 | -

2018年7月14日(土) [中3社会]

中3社会です。

『国会』という単元に入りました。

「国会は何をするところなんだろう?」
「衆議院と参議院どっちが強いかな?」
という疑問を投げ掛けました。

今までより、手を挙げて、
発言する生徒さんが増えてきたようです。

手を挙げていない生徒さんでも、
「なぜ?」と一歩考えることは、
今後の生活が豊かなものに変わっていくと思います。
コメント(0) 

2018年6月30日(土) [中3社会]

中3社会です。

定期試験の結果を調査しました。

点数が上がったケースは多々ありますが、
あまり大きく変わらないケースもありました。

しかし、中3になり、学習に向かう姿勢は、
以前より、改善されたと思います。

夏休みはビシビシ鍛えて、
2学期は、彼らの持っている
力を発揮できるよう、
「これから、いっぱいやるからねっ」と伝えました。
コメント(0) 

2018年6月9日(土) [中3社会]

中3社会です。

日本国憲法の中の
『基本的人権の尊重』を授業しました。

「おそらく学校では、
日本国憲法の条文をチェックして
『この条文覚えなさい。』と
なりがちだと思うんだけど。」
と話したところ、ある生徒さんが
「くすっ」と笑っていました。

どうやら、このパターンの授業だったようです。
私も学校の先生だったら、
このような授業を行っていると思います。

授業では、生徒皆さんが主役になれるよう、
全員参加型を目指して、これからも、
研鑽を積むます。
コメント(0) 

2018年5月19日(土) [中3社会]

中3社会です。

毎回確認テストを行っています。

授業と宿題とほぼ同じ内容を出題します。

確認テストでは、点数より、
やる気面や勉強の仕方を見ています。

あまり良い状態が続かない場合は
生徒さんの現状把握(部活や学校行事等で忙しい)
やどのように勉強しているか聞いたりして、
改善出来るよう、アドバイスをします。

授業で一方的に説明して、
宿題を出すだけでは、
生徒さんが本当に身についているか
どうかは見えません。

彼らの力を伸ばせるよう、
目に見えるように、
小まめにチェックが必要です。

コメント(0) 

2018年4月14日(土) [中3社会]

中3社会です。

大正時代を学習しております。

社会の勉強法についてですが、

学校などで、真面目に話を聞いて、
ノートやプリントに板書内容や
先生の話のメモを書いておく。

実際、問題演習のような
アウトプットの段階になると
わからない所は、
ノートや解説を見ながら解く。

出来なかった所を覚える。

この方法で、
点数はある程度取れるようになりますが、
定期試験のような試験範囲がわからない、
模擬試験や入試で忘れる確率は高いです。

忘れないためには、
「大正時代がどういう時代だったのか?」、
「どうして、日本でデモクラシー(民主主義的思想)が
生まれたのか?」など、意味や理由など、考えることは
忘れづらい方法の一つです。

いぶきでは、新しい知識は教えますが、
何でも教えずに、大事なポイントは
「どうして?」と考えるよう、指導をします。

東日本大震災のような災害や
ロボットや人工知能等が発達した社会のような中では、
与えられたマニュアル通り、
覚えても、対応できません。

普段から、自ら考え行動する力を養うことが
今後の社会に適応できる人物に育つのでは
ないかと思います。

コメント(0) 

2018年2月10日(土) [中3社会]

中3社会です。

前回と前々回、都立の過去問を歴史が苦手であることが
わかり、歴史問題に絞り、授業を行いました。

最初解いた時出来た生徒さんは、半分位。
最後解いた別問題で、全員手が上がりました。

小さい成功体験ですが、
積み重ねて、約10日後の
大きい合格に結びつく体験を
味わえることを願っています。


コメント(0) 

2018年2月1日(木) [中3社会]

中3社会です。

国語の特別授業を
今週土曜日に行う関係で、
土曜日の理社授業を
本日行いました。

前回に引き継ぎ、
過去問を時間を測り解きました。

段々、苦手な単元が少し絞られたような
感触があったので、
次回は彼らの苦手な単元を克服法を
考えようと思いました。
コメント(0) 

2017年10月28日(土) [中3社会]

中3社会です。

入試対策を行っております。

今回歴史を授業で扱ったのですが、
新たな発見がありました。

例えば、以前、問1のア~エの問題を読むと、
出来事を見て、時代が特定できるという問題が
ほとんどだったのですが、

出来事がはっきり書いておらず、
時代も飛鳥~奈良時代と幅がある答えに
なってしまう問題が増えていることが
わかりました。

答えは一応出ますが、
「◯◯時代」とはっきりしないので、
シックリいかなそうな
不思議そうにしている生徒さんがいました。

入試は、昔とは変わっています。
最新の情報を伝えられるよう、
今後も研究を続けます。
コメント(0) 

2017年10月26日(木) [中3社会]

中3社会 

定期試験に伴う、通常授業の振替です。
入試対策に入りました。

中学校で、公民の日本国憲法辺りを
学んでいる生徒さんが多かったので、
同じ範囲の都立過去問を取り上げ、
学習しました。

たまたま、その問題が
簡単だったこともあり、
大部分の生徒さんは解けました。

生徒さんに伝えたのは、
「出来る問題を増やすこと。」

出来ない問題を気にするより、
もう少しで、出来そうな問題を
出来るようにすることで、
得点率が高くなります。

私の方で、過去問から良問を見つけ、
効率よく、力を付けられる授業を
提供したいです。

コメント(0) 

2017年10月21日(土) [中3社会]

中3社会です。

『景気』という単元を授業しました。

物価が上がる=好景気
と伝えると「わからない」と
首を振っていた生徒さんがいました。

「どこがわからない?」と聞くと、
「第一次世界大戦後、ドイツで物価が上がりましたよね。
でも、景気が良かった訳ではありませんよね。」と
いうような質問でした。

この生徒さんのように
「わからない」と言う時は、
全然わかっていない訳ではない、
ケースが多々あります。

その後、質問について、全体に話すと、
数人が質問してきました。

私の一方的な授業では、
理解が浅くなる可能性が高いですが、
生徒さんが質問する、
他の生徒さんがその質問を聞くことで
印象深くなるかと思います。

今日のように、
生徒さんの「わからない」を大切に
質問を受け付けられる雰囲気がある
授業を創りたいです。
コメント(0) 
前の10件 | - 中3社会 ブログトップ