So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
中3Sクラス英語 ブログトップ
前の10件 | -

2018年7月11日(水) [中3Sクラス英語]

中3Sクラス英語です。

『間接疑問文』という単元を初めて学習しました。

英語が出来ない生徒さんは、
自分の記憶で覚えた文を書いたり、
パズルのように、「Iが来たから、amが来る。」等
根拠のない答えを書きます。

次の単元に入っても
数珠つなぎのように繋がらず、
いつまでも「新しい単元が出てきたから、
新しい単語や文を覚えなきゃ。」という感覚
なので、全然楽になりません。

今日の単元は、今までの復習が入り、
複雑な内容ですが、
中1から、いぶきで学習している生徒さん達は
かなり楽勝そうでした。

どの単元であろうと、意味を考えて、
一貫したプロセスを見いだせれば、
すべて覚える必要がないことが気づき、
楽に先々に繋がることを実感できるよう、
生徒さんに接しています。
コメント(0) 

2018年6月27日(水) [中3Sクラス英語]

中3Sクラス英語です。

普段はあまり起こらないのですが、
学校ごとで授業内容を変えた方が良いと判断して、
2タイプに分けて、指導しました。

生徒さんは事情を汲み取ったのか、
指示通り学習していました。
おかげさまで、予定通り
終わらせる事が出来ました。

このような不測の事態が起こっても、
いぶき生の適応力は素晴らしいです。
本当に有難かったです。

コメント(0) 

2018年6月13日(水) [中3Sクラス英語]

中3Sクラス英語です。

ある学校で学習している内容と
たまたま同じでした。

一緒に学習していると、
色々疑問が出て来るようで、
いくつか質問が出ました。

学校で授業を受けている時、
テレビの画面の人が自然に流れているように、
何もなく、終わるかもしれませんが、
学校と違う、塾で生徒へのアプローチの仕方によって、
「あれ?」と思うことはあると思います。

今後も生徒さんの疑問を
授業で取り上げて、全体の理解につなげたいと
思いました。

コメント(0) 

2018年6月6日(水) [中3Sクラス英語]

中3Sクラス英語です。

最近、暗記や感覚に頼らずに、
よく考えて、書くようになった生徒さんが
ちらほら見かけます。

「今までは、何とかなっていたかもしれないけど、
これから、英文が長くなった時が勝負だ。」
と言い聞かせています。

よって、今日やった問題だけ、
出来ればいいのではなく、
先々につながるような力を
身につけるよう、しつこく指導します。
コメント(0) 

2018年5月16日(水) [中3Sクラス英語]

中3Sクラス英語です。

新しい単元を学習しました。

生徒さんが知らない単元なので、
日本語から英語にする時、
ノートに何も書いていない生徒さんが
数名いました。

そのような時、
「『覚えている、覚えていない』より、
まず考えることは何?」
とよく聞きます。

今日は、質問しなくても、
主語に印を付けている、
生徒さんを見掛けました。

「知らないから、書かない。」のように、
行動を移さないのではなく、まず、
どういう問題か考え、
「今ある自分の力を信じて、活かそう。」という
意識を働かす事が何事にも通じるのかと
たった1回の授業だけですが、
考えてしまいました。
コメント(0) 

2018年5月9日(水) [中3Sクラス英語]

中3英語Sクラスです。

学校教科書の本文を学習しました。

最近の英語教科書は、文法についての
基本文と本文のレベルがかけ離れています。
載っている単語も以前であれば、
高校生レベルだったものが
多く出てきています。

大部分の中学校は、文法の説明はあるようですが、
本文になると、説明がされている学校と
されていない学校と分かれるようです。

定期試験で、本文が出題されても、
大丈夫なよう、いぶきの授業で扱っています。

生徒さんと一緒に授業を行っていると、
生徒さんが「この内容、知らなかった。」
ということは多々あります。

本文を学校やいぶきで学び、
色々な見方・考え方が出来るといいですね。

コメント(0) 

2018年4月25日(水) [中3Sクラス英語]

中3Sクラス英語です。

今日は、確認テスト3種類を実施しました。
生徒さんは、宿題が大変だったと思いましたが、
頑張って終わらせたようです。

春期講習から学習してきた内容が
一区切り出来ました。

数学についてですが、
今の時期は、計算ですので、
夏休み前に、計算を固めておけば、
夏休み以降の図形や関数に対応出来ます。

話を戻しますが、
数学より、出来るかどうか、見えづらいのが
英語ですが、2学期になった時、
「学習してきて、良かった。」と
実感できるといいですね。
コメント(0) 

2018年4月18日(水) [中3Sクラス英語]

中3Sクラス英語です。

生徒さんに問題を出し、
答えを私の方でチェックした時、
惜しい時は「99,5点」と伝えます。
生徒さんは「えーどこだろう?」と考えます。

そのような中、一発で出来て「100点」と
言われた生徒さんが「やった!」と喜んでいました。

私も生徒さんが答えられて、
当然嬉しいのですが、◯や✕に終始せず、
『なぜ、出来たのか?』を理由を考えさせ、
99,5点だった生徒さんも
『どうして、ミスしたのか?』を
原因は、全員で確認します。

答えが「出来た」「出来ない」で
判断していると、生徒さんは
『正しい答え作り』に精を出すように
なります。

『真の意味で出来る子』を目指し、
授業運営を行います。

コメント(0) 

2018年4月11日(水) [中3Sクラス英語]

中3Sクラス英語です。

学力テスト後のクラス分けをして、
初めてこのクラスで授業を行いました。
都立小山台レベル(偏差値65、内申オール4以上)
を目指すクラスです。

Aクラスより、人数が少なく、
中2の時より、真剣に授業を受けていました。

2つ確認事として、
①宿題は毎回やること
「テキスト忘れた」は「宿題をやっていない」とみなす
②1ヶ月後には、クラス分けをすること
を伝えました。

良いモチベーションを保てるように、
今後も指導をします。

コメント(0) 

2018年1月31日(水) [中3Sクラス英語]

中3Sクラス英語です。

入試対策です。
都立の入試問題が解けるのは、
当たり前のレベル迄近付いていると
思いますので、問題が解ければOKではなく、
文章のポイントを読み取る練習を行いました。
今後も、「良い点数が取れる事」を通り越した、
指導を行います。
コメント(0) 
前の10件 | - 中3Sクラス英語 ブログトップ